Skip To Content

新城の歴史を学ぶ読み物「わたしたちの新城」です。「Skip To Content」をクリックすると,記事本文が掲載されている箇所に移動します。

  日本のできごと 新城のできごと
昭和時代     1966(41) ・八名井小が八名小に統合される
・県営住宅ができる(〜67年)
・「第1回長篠合戦のぼりまつり」が開催される
・寒狭川を豊川に,三輪川を字連川に改称
・工場誘致第1号の進工業が操業を始める
・菅守保育所と協和保育所ができる
・開成児童館が建てられる
1967(42) ・市旗が制定される
・作手花き園芸組合ができる
1968(43) ・有線放送電話が自動化される
・鳳来中学校が発足する (長篠・鳳来東・鳳来西各中学校統合)
・豊川用水が完成する
・田口線が廃止されバス運行となる
・「作手音頭」と「作手の歌」ができる
1969(44) ・宇理小が八名小に統合される
・6農協が合併し,新城市農業協同組合が発足する
・東部保育園が開園する
・市民体育館ができる
・台風7号により早滝橋が流される
・鳳来中学校新校舎が完成する
・海老中学校が鳳来中学校へ統合される
・鳳来中部小学校が発足する (長篠・乗本小学校統合)
・「海の家」江比間にできる(昭59閉鎖)
・8月4日・5日の台風7号の被害が大きく,南中学校の運動場が流される
・巴湖のほとりに,青年の家が建てられる
1970(45) ・大阪で日本万国博覧会が開かれる 1970(45) ・消防署救急業務を開始する
・鳳来寺小学校が発足する(鳳来・門谷小学校統合)
・山吉田中学校が鳳来中学校へ統合される
・「県民の森」ができる(明治百年記念事業)
・県道新城豊田線が,国遺301号になる
・甘泉寺の「コウヤマキ」が,国の天然記念物に指定される

緑:新城地区 オレンジ:鳳来地区 青:作手地区