Skip To Content

新城の歴史を学ぶ読み物「わたしたちの新城」です。「Skip To Content」をクリックすると,記事本文が掲載されている箇所に移動します。

新城繁盛の図

 信州や北設楽地方からは馬によって,また,吉田よしだ(現在の豊橋)方面からは豊川をさかのぼる船によって,たくさんの荷物が運ばれてきました。新城城下町はこうした荷物の中継地ちゅうけいちとして栄えました。

 昔の道は,せまく曲がりくねった急な坂道が多く,いくつもの峠をこえなければなりませんでした。そのため,今のように楽な旅ではありませんでした。しかし,江戸時代には商業が発達し,街道や宿場しゅくばが整備されたので通行がさかんになりました。また,鳳来寺ほうらいじや豊川稲荷いなり秋葉山あきばさん,長野の善光寺ぜんこうじへの参拝さんぱいの道にもあたっていたため,多くの人々が行き交いました。

山のみなと「新城」

 江戸時代に新城に住んでいた太田金左衛門きんざえもんは「山湊さんそうろう」という本を書きました。「山湊馬浪」とは,行き来する馬をなみにたとえ,川船と馬の集まってくる新城を山の湊にたとえたものです。