八名(やな)弓張山地(ゆみはりさんち)


吉祥山(きちじょうさん)から八名弓張山地(雨生山〜前山)を望む

五葉城跡(ごようじょうあと) 丸山蛇紋岩植生(まるやまじゃもんがんしょくせい)

 八名弓張山地は、標高300〜600mの山々が弓状(ゆみじょう)に連なり、赤石(あかいし)山脈の南のはしにあたる。
 城山、富幕山、雨生山など固い岩石が分布しており、浸食(しんしょく)されにくいので錐状の山をつくっているので、遠くから分かりやすい。また、これらの岩石からできた土には、植物の成長に必要な養分が少ないので、松などの樹木や草本などの背が低くや葉が小さく種類も少ないのが特徴(とくちょう)である。