「青い目の人形」と「ノルマン」君について



「ノルマン」君 新城市立東陽小学校蔵(ご自由ご見学いただけますので、是非、本校へお越し下さい。)

青い目の人形の歴史

 青い目の人形は、1927(昭和2)年にアメリカの子どもたちから日本の子どもたちへ贈られてきた「友情人形」のことです。
 贈られた当時は友情のあかしとして、大切にされてきましたが、戦争になると敵国の人形として、焼かれたり、壊されたりするなど悲しい運命をたどりました。戦後、全国で残されていた人形が相次いで発見され、人形の存在が大きく取り上げられました。現在300体あまりの人形が各地の学校や幼稚園などで大切に保存されています。
 この「青い目の人形=友情人形」は、民間レベルで行われた草の根の国際交流のシンボルといえます。日本とアメリカの子どもたちの友情の懸け橋となった「友情人形」の歴史を振り返り、平和と国際交流について考えてみませんか。         
                               

人形交流の始まり

 1924(大正13)年、不況により排日感情の高まっていたアメリカでは日本人の移民を禁止する法律が出来るなど、日米の関係は悪化の一途をたどっていました。                  
 そんな中、以前日本に20年程住んでいた宣教師のシドニー・ルイス・ギューリック氏は、悪化するアメリカと日本の関係を心配し、子どもの頃からお互いの国の文化を理解することが将来の両国の友好につながると考えました。そして、雛祭りにあわせて人形を贈る計画をアメリカ全土に呼びかけました。この呼びかけにアメリカの48州、約260万の人たちが協力して、12,739体の人形を購入し、手縫いの洋服を着せ、手紙やパスポートなどを持たせて、33日の雛祭りに間に合うように日本へ送り出しました。

 シドニー・ルイス・ギューリック博士               (写真:広島県福山市千田尋常高等小学校での歓迎式)

日本各地での歓迎会

 日本ではギューリック氏と以前から親交のあった日本実業界の指導者渋沢栄一氏が人形の受け入れを引き受けました。そして文部省や外務省へ呼びかけて、人形を配る学校を決めたり、人形の受け入れの準備をしました。1927(昭和2)年1月第一便のサイベリア丸に乗った167体の人形が横浜港に着きました。2月にも続いて横浜や神戸港に人形を乗せた船が次々とやってきました。3月3日には東京の日本青年館で、約12000体の人形の歓迎式が盛大に行われました。
 その後、各都道府県の小学校や幼稚園などに送られ、人形を受け取った学校でも盛大な歓迎会が行われました。歓迎会では「人形を迎える歌」を歌い、踊りや劇を披露しました。現在残されている歓迎会の写真を見ると、雛壇に雛人形とともに飾られた人形の姿を見ることができます。洋服の珍しかったこ時代に洋服を着て、目を閉じたり、「ママー」と、声を出す人形は、子どもたちにとっては大きな驚きでした。                               
      

日本からの返礼・答礼人形

 日本からも返礼として日本人形をアメリカの各州に贈ることになりました。人形の数は日本代表の他、各都道府県、六大都市、植民地で合計58体製作され、その年のクリスマスに間に合うようにアメリカへ送られました。人形を受け取った学校から一人一銭の寄付が集められ、一体350円程度の人形が作られました。当時、先生の1ヶ月の給 料が40円だった頃のことで、大変贅沢な人形だったことがわかります。
 アメリカで大歓迎を受けた答礼人形は、アメリカ各地を回って展示された後、アメリカの各州に1体ずつ贈られ、博物館や美術館などに保存されました

 

        みわこ(東陽小学校蔵)     人形を敵性視する新聞記事
                                                                                                                 『毎日新聞』昭和18219日〔横浜人形の家提供〕                 

戦時中の友情人形

 1941(昭和16)年太平洋戦争が始まり、日本とアメリカは敵国になってしまいました。英語は敵国語として使用を禁止されたり、「青い目の人形」「赤い靴」の歌も歌ってはならないとされました。アメリカから贈られた友情の人形も「敵国の人形」「敵国のスパイ」として、燃やされたり、竹やりでつかれたりして壊され、その大部分が処分されてしまいました。
 しかし、そんな中でも「人形に罪はない」として、学校の裁縫室の戸棚の奥や倉庫などに密かに隠された人形もありました。現在、現存する人形はそうした人形たちです。  

現在の状況と「ノルマン」君

 今日では、日米親善友好と平和の象徴として、全国で約300体の人形が大切に保存されています。
 本校の青い目の人形はそうした人形の愛知県に現存する9体のうちの1体です。名前を「ノルマン」君といい、県内唯一の男の子の人形で全国でも、3体ほどの大変珍しい人形です。資料が少ないため、出生地など詳しいことは、わかっていませんが、学校の沿革史などから、その歴史がうかがえます。
 

 「昭和2年七月、日米親善の意味でアメリカから日本に使節人形がおくられた。この人形は旧八名郡下三校の内に選ばれて、当時の能登瀬小学校に迎えられた「ノルマンくん」である。ノルマンくん歓迎会は全校あげて盛大におこなわれた。                                        −箱の中のメモ書きより−

 「四年になったのが大正十五年でしたが、この年には大きなできごとがありました。その一つは、日米親善使節として日本の小学校へアメリカから贈られてきたアメリカ人形「ノルマンくん」を迎えたことでした。花田伝次郎校長先生に引率された男女数人の代表が二台の自動車に乗って富岡小学校まで迎えに行ってきました。そして、学校へ持ってきてから「青い目をしたお人形は・・・・」の歓迎の歌を歌って盛大に迎えました。
   「親善使節ノルマンさんを迎えた頃」 昭和六年高卒 鈴木よし子(旧姓荻野) −能登瀬小学校百年史より−


 この資料によれば、旧能登瀬小学校(学校統廃合などにより、現在の東陽小学校へ)でも、他の地区と同様に熱烈な歓迎を受け、大切にされていた様子が伺えます。洋服などが、新調された人形が多いなか、現在まで当時の洋服を身にまとっている人形も少なく貴重な歴史の資料と言えます。
 

ノルマン君の展示・出演・出張の履歴 

トップページへ戻る