最新更新日:2019/03/22
本日:count up4
昨日:24
総数:171051
新城市教育委員会共育12「ともに あいさつ あいことば」 3 月の共育あいことばは「人間汗し 働き 貢献します」です。

「ちゃわんこ石」(つくで交流館)

画像1 画像1
 作手荒原の西栃沢に、村人が「ちゃわんこ石」と親しみを込めて呼ぶ「珪化安山岩」の地層が広がっています。
 この石はお茶碗(ちゃわん)などの陶磁器を作るのに用いる貴重な鉱物です。
 昭和11年頃常滑市の製陶会社が山林を購入し採掘権を得て原石を掘り出して水車で粉砕し鉄分と分離して製品化しJR飯田線大海駅から貨物列車で常滑方面に出荷していました。
 珪化安山岩を粉状に磨り潰すために同時に入れたのが硬く割れにくい石英片岩です。何回も使っていると角が擦り減り丸くなると用済みとなります。村人が拾ってきて漬物石などに利用していたとのことです。
(Facebook作手歴史民俗資料館 2015年3月9日掲載)

◇Facebook 作手歴史民俗資料館

青年の家便り 9・13

 今日13日(火)は、秋晴れの一日で風もさわやかで、気持ちの良い日でした。しかし、昼頃にはやや蒸し暑くなり、まだまだ秋は遠いと感じさせられました。
 鎌屋建て民家の屋根の上に見える本宮山の山頂は、今日はくっきりと見えていました。また、空には飛行機雲があり朝日で輝いていました。テニスコートの中に、タカサゴユリが咲いていました。ボールで花が飛ばないことをひたすら祈るばかりです。

  《第285稿:9/13》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

地域を訪ねて「馬頭観音」(つくで交流館)

 作手歴史民俗資料館は、今年度4月より管理・運営方法が変わり、その情報は「市教委だより」でお伝えしております。
 これまでの Facebookページは、新しい情報の更新は滞っております。これまで、さまざまで作手地域の歴史や自然などをお伝えしており、古い情報が見つけにくいかもしれませんが、興味のある方はご覧ください。

◇Facebook 作手歴史民俗資料館

 そこから一つご紹介します。
***********
 この地方でも馬(牛)は田畑を耕し木材や荷物を運ぶための重要な担い手でありました。人間と同様名前で呼ばれ家族の一員として同じ屋根の下で起居を共にするなどとても大切に飼育されていました。
 煩悩を断ち切り病を取り除くなどの力を持つとされる頭上に馬の頭をつけた馬頭観音は農耕や交通の守護神として道路が交差する辻や集落の出入り口など人目を引く所に多く祀られています。
(2014年6月11日 Facebook作手歴史民俗資料館)
画像1 画像1

青年の家便り 9・10

 今日10日(日)は、一日中よく晴れ秋空が広がる、気持ちの良い天気でした。それでも、昼頃には暑さが増し過ごしにくかったのですが、風があるおかげで、なんとか過ごし易さを感じました。
 本日は青年の家で、市の赤十字の講習会が行われました。非常時の活動を非常食を使ったり、三角巾やAEDを使って、命を守る活動を熱心に講習していました。

  《第284稿:9/10》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 9・9

 今日9日(土)は、朝方はやや曇り空でしたが、日中はよく晴れまた風もあり、秋を思わせる穏やかな一日でした。
 いこいの広場周辺では、ミズヒキの花が目立つようになりました。一つ一つは小さな花ですが並んで咲いていると、この時期とても目立ちます。また、研修室にトンボが迷い込んできました。秋の訪れを実感する今日この頃です。

  《第283稿:9/9》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

子供達の作品・情報(つくで交流館)

画像1 画像1
 つくで交流館では、展示スペース(児童保育室前)で、子供達の作品を紹介しています。
 2学期になり、小学校の作品が新しくなりました。ぜひご覧ください。

 また、サロンには、作手こども園、作手小学校、作手中学校からの「園・学校だより」を掲示しております。
 現在の掲示は、
○作手こども園;「つくでっこ 9がつ」
○作手小学校;「運動会プログラム」と「児童の一言」
○作手中学校;「作中新聞」と「体育大会プログラム」
です。
 順次、新しいものに更新しています。近くにお越しの際、つくで交流館に立ち寄ってご覧ください。
 そして、子供達の活躍・活動にお声がけください。

青年の家便り 9・8

 今日8日(金)は、朝方はむし暑く残暑厳しき一日かと思われましたが、午後からは風も出てきて、秋を感じることができました。
 青年の家では、建物の管理ということで、業者の方に入っていただき清掃活動をしていただきました。各部屋や研修室、廊下や階段など、ワックスをかけたり、掃除機でごみを無くすなどしていただきました。おかげで、とてもきれいになりました。利用者の方からも、気持ちよく使えると好評でした。 

  《第282稿:9/8》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

長〜い絵本(つくで交流館)

画像1 画像1
 図書室には、いろいろな絵本があります。
 お話の内容はもちろん、書いた人(作者)、描いた人、大きさ、仕かけ…と、さまざまです。
 そんな中に、読んでいくと、どんどん長くなっていく絵本があります。
 写真のように、じゅうたんいっぱいに長く広がってしまいます。このお話には、いろんな動物がでてきます。
 また、『かわ』(加古里子・作・絵)は、広げると7メートルにもなり、表面はカラー(4色)で、裏面は黒と水色の2色で印刷されています。表面と裏面で違った仕かけがあり、いろいろな発見があります。

 長〜い絵本を全部広げて、お話を楽しんでください。

青年の家便り 9・6

 今日6日(水)は、朝方は山からの風が吹きぬけ、大変涼しく秋を思わせる天気でした。しかし、昼頃には蒸し暑さがぶり返し、残暑を感じました。
 青年の家の周辺では、ヤマユリが残っていて実を膨らませています。種を蓄えた胞子が次の世代のために準備をしています。来年も今年に負けないくらいの花が咲くことを期待します。また、虫の声や姿も次第に変わってきました。珍しい虫の訪問もありました。

  《第281稿:9/6》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

Les Vents Japonais コンサート(つくで交流館)

木の音かほる木管五重奏
 Les Vents Japonais コンサート

 日時 平成29年9月30日(土)14時開演
   (開場 13時15分)
 会場 つくで交流館ホール

 以前お知らせした「公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業」(通称;アウトリーチフォーラム)として開催される木管五重奏のコンサートです。

 出演の Les Vents Japonais(レ ヴォン ジャポネ)は、フルート(山内信英)、ホルン(加治佑子)、ファゴット(竹下未来菜)、クラリネット(川越あさみ)、オーボエ(久保一麻)による木管五重奏のグループです。

 木の香にあふれるつくで交流館で、演奏をお楽しみください。

◇コンサート案内(pdfファイル)
画像1 画像1

青年の家便り 9・2

 今日2日(土)は、朝からよく晴れた大変気持ちの良い日でした。気温は30度を超すことなく、風も気持ちよく比較的過ごし易い日でした。
 いこいの広場の隣にある重川公園では、ミズトラノオが咲いています。大変貴重な植物で、絶滅危惧種にも指定されています。今年は、大変見やすいところに咲いているので、ぜひご覧いただきたいと思います。 

  《第280稿:9/2》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 9・1

 今日から9月です。新学期も始まり新たな動きが出てくるころです。今日の一日暑い日でしたが、時折吹く風に秋の気配を感じます。
 青年の家の周辺には、ヤブランの花がきれいに咲いています。その花にハチがとまっていました。自然の営みですが、暑い中での活動に頭が下がります。目的のある行動というのは、強さを感じます。 

  《第279稿:9/1》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2学期の始まり −つくで交流館ー

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今朝は雲一つない青空で、秋を感じさせるさわやかな風が吹いていました。

 9月初日の利用は、ホールでの作手小学校の始業式です。今日からいよいよ2学期の始まり、全校児童そろって始業式を迎えられたようです。

 2学期初めの行事は、全校での避難訓練。交流館職員もあわせて行いました。
 児童たちは、無言で速やかにグラウンドへ避難することができました。先生の注意事項を聞いた後は、保護者への引き渡し訓練を行っていました。
 交流館や庁舎の利用者と駐車場が同じになり、避難経路も重なります。交流館としても、いざという時を常に頭において備えることが必要だと感じました。

避難訓練・防災の日 (つくで交流館)

画像1 画像1
 明日9月1日は「防災の日」です。
 台風,高潮,津波,地震等の災害についての認識を深め,それらの災害に対処する心構えを準備するためとして,1960(昭和35)年に内閣の閣議了解により制定されました。
 また,1982(昭和57)年からは,9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。

 つくで交流館では,明日(9/1),避難訓練を実施します
 その「もしものとき」に在館されている方は,職員の指示・誘導に従い,安全を確保してください。


 つくで交流館に限らず,公共施設や商業施設などで,「もしものとき」にどのような動きをして安全を確保するのか,こうした機会に確かめておきましょう。

青年の家便り 8・30

 今日30日(水)は、朝からよく晴れた暑い一日でした。特に昼間は、むし暑く残暑の厳しさを感じさられました
 いこいの広場の散策路には、青々とした栗の実が落ちていました。すでに秋の足音が聞こえてくるようです。青年の家の周辺では、造園業者の方が、除草作業を行ってくれました。これですっきりとした環境で、秋を迎えられそうです。

  《第278稿:8/30》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 8・29

 今日29日(火)は、朝から本宮山が雲に覆われ、すっきりしない天気かと思われましたが、途中日差しが強く夏の暑い一日となりました。
 いこいの広場では、昨夜の露が草に残っていました。暑い夏のこの時期に、山野草が元気に咲いています。小さな花にも命があるのがわかります。
  
  《第277稿:8/29》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 8・26

 今日26日(土)は、朝方は雨が降り、一日中こんな天気かと心配しましたが、すぐに上がり、暑い一日となりました。それでも、風があり心地よさも感じさせてくれました。
 いこいの広場周辺ではクサギの花がきれいに咲いています。この季節は、目立つ草花が少なく、よりきれいに見えます。

    《第276稿:8/26》
画像1 画像1
画像2 画像2

業者による施設写真撮影(つくで交流館)

画像1 画像1
 施設の建設、設備、備品などに関わった業者が、開館から5か月が過ぎますが、今も、記録写真を撮りに来館します。
 撮影した写真のなかには、業者のパンフレットに掲載されるものもあるようです。

 先日も図書室の書架などに関わる業者が、撮影に来館しました。
 本を読んでいた子供達に、モデルとして写真に入ってもらっていました。場所の雰囲気の伝わる写真になったようです。
 ホールは、椅子を並べ整然とした記録写真となったようです。

見られたトンボは16種類! −長ノ山湿原トンボ観察会ー

8月20日、長ノ山湿原でトンボ観察会が行われました。
 天候に恵まれ、この日見られたトンボの種類は16種類。雌雄両方見られた種もいくつかあり、とても充実した観察会となりました。
 夏のトンボの一つ、「オオルリボシヤンマ」の産卵風景、最近はあまり見られない「ミヤマアカネ」、赤とんぼの中でも最も赤色が美しい「ネキトンボ」など、普段見かけないトンボを見られて参加者は満足している様子でした。
 子どもたちは、トンボの持ち方を教わって、恐る恐る、でもとてもうれしそうにトンボに触れていました。

 夏のトンボが見られる時期はもうすぐ終わります。ハッチョウトンボを見たい方、今週中に湿原へお出かけください!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 8・24

 今日24日(木)は、大変暑く、猛暑日となりました。風もあまりなく、一日中どんよりとした空気でした。
 いこいの広場では、アオキの木の葉が伸び伸びと広がっています。名前のようにこの木は、幹までも緑がかった色をしているのでとても不思議です。
 また、青年の家の玄関の水槽では赤ちゃんメダカが元気よく泳いでいます。この季節は、水の中で暮らす生き物がうらやましく感じます。

    《第275稿:8/24》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
市立学校携帯サイト一覧
新城市教育委員会
〒441-1392
愛知県新城市字東入船115番地
TEL:0536-23-7607
FAX:0536-23-8388