最新更新日:2019/06/03
本日:count up9
昨日:19
総数:172781
新城市教育委員会共育12「ともに あいさつ あいことば」 6 月の共育あいことばは「最後まで 人の話を聞きます」です。

青年の家便り 2・6

 今日6日(火)は、朝のうちは大変冷えて寒々とした始まりでしたが、日中はよく晴れて、風は冷たいものの穏やかな冬の一日でした。
 いこいの広場から見る本宮山は雪が残り、昨夜の荒天を知らせてくれています。一面の銀世界が、桜淵の別の一面を教えてくれます。

 《第366稿:2/6》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・4

 今日4日(日)は、朝からよく晴れポカポカとした冬の穏やかな一日でした。しかし、風は強くまた冷たく、寒さが身に染みるようでした。
 いこいの広場から北の景色を見ると雁峰山の上には青空が広がり、その手前には市役所の建設中の新庁舎がみえ、遠方には新東名高速道路が見えます。新しい新城の風景というところです。
 昨日は節分ということで、いこいの広場ではヒイラギは花芽はついているものの実っていません。その隣で、クロガネモチの赤い実が鮮やかな色で実っています。 

 《第365稿:2/4》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

楽しく雪遊び(つくで交流館)

 昨日(1日)午後から降り出した雪は夜も降り続きました。夜中に霙となり、雪がシャーベット状になりました。
 今朝、つくで交流館・作手小学校・作手支所の周辺は5〜10センチほどの積雪でした。朝早くから職員が出て、駐車場や歩道の雪かきをしましたが、滑りやすくなっていますので、足元に気を付けてご来館ください。

 小学生は、休み時間になると運動場、中庭に出て雪遊びを楽しんでいました。一面の雪で転んでも倒れても平気です。
 湿った雪は、大きな固まりにもできて、担ぐように投げていました。
 大人には迷惑な雪ですが、子供達には素敵な遊び道具のようです。
画像1 画像1

青年の家便り 2・1

 今日から2月です。今日1日(木)は、朝から曇り空で、昼過ぎには雨が降り出し、寒い一日となりました。
 いこいの広場のウメの花のつぼみはまだ固く、開花はまだまだ先かもしれません。
 さて、昨日はスーパー・ブルー・ブラッドムーンが見られました。写真は青年の家から見た月です。

  《第364稿:2/1》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 1・31

 今日31日(水)は、朝から晴れて気持ちのよい一日でした。
 最近の気温の変化はたいそう大きく、寒くなったり暖かくなったりということで、自然も驚いているようです。重川池では、池のほとりにあるウメの花が咲き始めました。先週の寒さを通り越して、少し暖かくなったので春と間違えたのでしょうか。本当の春が来るのを心待ちにしています。

  《第363稿:1/31》
画像1 画像1
画像2 画像2

青年の家便り 1・30

画像1 画像1
 今日30日(火)は、久しぶりの青空が広がり、雲が時折顔をのぞかせるものの、晴れた良い日となりました。しかし、昼過ぎには雪らしき白いものがちらちらと舞い散るときもあり、寒さを実感するひと時もありました。
 この寒さゆえに青年の家の研修室を活用する団体があります。研修室では、絵を描く皆さんが、熱心に作品作りにいそしんでみえました。

  《第362稿:1/30》
画像2 画像2

青年の家便り 1・28

 今日28日(日)は、朝から曇り空で、一日中肌寒い感じのする冬日でした。
 重川池では、渡り鳥のカモが元気に泳いでいました。この季節に必ずやってくるようで、警戒心も人一倍です。 

  《第361稿:1/28》
画像1 画像1
画像2 画像2

意見交換会。市民討論会。(つくで交流館)

画像1 画像1
 今週、低温の日が続いて“極寒”の作手地区です。週初めに降った雪が溶けずに今も残っています。
 今日(28日)のつくで交流館は、“熱い意見”が交わされ熱気にあふれ、寒気を吹き飛ばしそうです。

 午後は「愛知大学学生報告会&意見交換会」が、夜は「新城市総合計画市民検討会(地域会)」が行われます。

 「愛知大学学生報告会&意見交換会」では、最初に学生が見学や体験をした作手地区のことについて報告していました。
 資料には、その見学や体験をもとに、学生の考える「提案」がありました。
 その後、参加者が“3つの場”を移動しながら意見交換をしていました。
 これからの地域を創っていくことについて熱く語り合っていました。

青年の家便り 1・27

 今日27日(土)は、昨日とは違い朝方も比較的気温が高く、やっと落ち着いたと感じられる位の天気の冬の一日でした。
 いこいの広場には、心配しましたが雪は残っていなくて、いつのも冬の朝に感じました。あれほどの寒気を乗り越えて、植物は元気に育っています。ふと気づかないところにある花が生命力を感じさせてくれます。

  《第360稿:1/27》
画像1 画像1
画像2 画像2

共育川柳 (つくで交流館)

教育長賞
 お手伝い やって身につく 母の味
  (太田育那さん 作手小4年)
会長賞
 ネットより 家族みんなに つぶやこう
  (中野里香さん 作手中3年)
共育賞
 そっくりな 我が子を叱り 振り返る
  (山田智子さん 保護者)

 新城市小中学校PTA連絡協議会(垣内寿一会長)が募集した『共育川柳」の表彰が行われ、特別賞に上記の作品が選ばれました。
 おめでとうございます。

 みなさん、ご家族で声を出して読んでみませんか。
 家族で過ごす時間、家族で一緒に行うこと、そのなかで“身につくこと”、生まれる“団らん”を見直すことができますよ。
画像1 画像1
画像2 画像2

青年の家便り 1・25

 今日25日(木)は、晴れた良い日でしたが、朝には外気温が0度Cで、日中は風が強く吹き、大変寒い一日でした。
 雪が心配されましたが、芝生の隅に少し残っていただけで、利用にはほとんど影響がありませんでした。しかし、テニスコートは雪があり、利用しにくい状況でした。また、池も氷が張り、寒さが厳しい冬らしい日でした。

  《第359稿:1/25》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 1・23

 今日23日(火)は、朝からもやがかかっていて、曇り空の寒い日となるかと思われましたが、昼頃には太陽の日差しもあり、穏やかな一日となりました。
 青年の家周辺の植物があまり見られないのですが、よく見るとところどころにその姿が確認できます。玄関の近くにはミツマタの花芽が出ていました。もうすぐ花が咲くのが楽しみです。

  《第358稿:1/23》
画像1 画像1
画像2 画像2

青年の家便り 1・21

 今日21日(日)は、朝からよく晴れた空が広がり、大寒の直後だというのに気温も例年よりは高く、穏やかな一日でした。
 青年の家の花壇では、スイセンの花がきれいに咲いています。この時期はどちらかといえば殺風景な景色に彩を添えてくれます。

  《第357稿:1/21》
画像1 画像1
画像2 画像2

青年の家便り 1・19

 今日19日(金)は、朝からよく晴れ、冬としては気温も高く、ポカポカとした陽気でのどかな一日でした。
 いこいの広場の芝生では、モグラが作った土の山が雨で自然に埋まっていましたが、一方でまた新たな山も作られていました。
 青年の家の窓際の植物も、この陽気でのんびりと日向ぼっこをしているようにも見えます。

  《第356稿:1/19》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

お知らせの配付 1月(つくで交流館)

 つくで交流館のお知らせ(1月)を、作手地区の各区長さんにお願いして配付しました。
 今号は
○「新年のごあいさつ」
○ 年末大掃除(12月23日)のお礼
○「開館一周年記念週間 3月21日〜24日」
 こぞって集おう!楽しもう!
○ 寄贈本の受付
のお知らせを掲載しています。

 配付したプリントを、右の「配布文書」に載せてありますので、ご覧ください。
  「つくで交流館」からお知らせ(1月)(pdfファイル)
画像1 画像1

「第10回 食育オープン教室」開催(つくで交流館)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 17日つくで交流会調理室で、キッチンクラブつくで主催「第10回食育オープン教室」が開催されました。
 地元のプロの料理人を講師に招き、魚を使ったランチプレート作りです。
 参加者は、ベテラン主婦の方々が多かったです。魚のさばき方を習い、ムニエルやカルパッチョを作って、バターライスと一緒に盛り付け完了です。ムニエルにかけられた濃厚クリームソースが気になりますね。バターのいい香りの中、みんなで試食して終了しました。

 次回の開催日は、2月21日(水)12:30からです。今日と同じ講師による「作手のほうれん草料理作り」です。興味のある方は、ぜひご参加ください。

青年の家便り 1・17

 今日17日(水)は、朝から雨が降り、昼頃には一時激しく降りました。そのせいもあり、暖かく過ごしやすい一日でした。
 そのために、遠くの山並みもかすんでよく見えなくて緑の美しさを感じられない日でした。そんな中で、ササの葉が一部分が枯れながらも緑を保っているように育っているのが目に留まりました。

  《第355稿:1/17》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 1・16

 今日16日(火)は、朝方は大変冷えてましたが、日中は風もなく晴れ間が広がり、穏やかな冬の一日でした。
 いこいの広場では、芝生が今日も霜が降りて真っ白で寒々としていました。青年の家の周りには、いろんな植物が育っています。ナンテンが赤い実をつけているのを見つけました。日頃は気にならなかったのですが、この季節には目立って輝いているように見えます。

  《第354稿:1/16》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

手芸を通じて異世代交流  つくで交流館

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 13日(土)午後、つくで交流館和室で「糸結びの会」主催のワークショップ「布アクセサリーを作ろう」が開催されました。
 異世代交流を目的に活動している「糸結びの会」と「つくでいぃーらぁー」の呼びかけで、小学生から70代までの手芸好きな人たちが集まり、布製ブローチとネックレスを作りました。
 参加者が好みでボタンやビーズ、布ひもなどを選んで、講師の渡辺さんに教えてもらいながら仕上げました。
 材料となった布ひもは、講師の先生の手作りのものでとてもオシャレなので、その紐のつくり方も教えてもらったり、普段の作品つくりのことを聞いたりしていました。
 子どもに教えたり、逆に手伝ってもらったり、隣の人と確認しあったり、参加者の皆さん、とても楽しそうに取り組んでいる様子でした。

青年の家便り 1・13

 今日13日(土)は、昨日と同じように朝方は大変冷えていて、太陽の日差しがここちよく、穏やかな一日でした。
 いこいの広場では、朝にはモミジの木が凍てついていましたが、昼頃にはあたり一面が柔らかな光でおおわれていました。
 青年の家の広場の横にモクレンのつぼみができていました。この寒い時期から春のために準備する姿は、生命力を感じさせられます。 

  《第353稿:1/13》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
市立学校携帯サイト一覧
新城市教育委員会
〒441-1392
愛知県新城市字東入船115番地
TEL:0536-23-7607
FAX:0536-23-8388