最新更新日:2018/09/21
本日:count up16
昨日:19
総数:156396
新城市教育委員会共育12「ともに あいさつ あいことば」 7 月の共育あいことばは「辛くても 夢にチャレンジ あきらめません」です。

卒業を控えた児童たちの清掃 つくで交流館

画像1 画像1 画像2 画像2
「お世話になった調理室を掃除させてください。」

 来月卒業を控えた作手小6年生が、家庭科室として使用してきたつくで交流館調理室の掃除に来てくれました。
ガスコンロの周囲の汚れを拭き取ったり、流しを磨いたり、床のはき掃除をしたり、みんなで手分けしてきれいにしてくれました。
 この学年の児童たちは、小学校生活6年間の間に閉校や統合で2回も校舎の引っ越しを経験しています。最後の1年だけではありますが、新校舎とつくで交流館で元気に活動して成長された皆さんです。
 6年生の皆さん、こちらこそいつも元気な声を届けてくれて、きれいに使っていただいてありがとうございました。

青年の家便り 2・18

 今日18日(日)は、朝からよく晴れた青空が広がり、風は冷たいものの冬の穏やかな一日でした。
 朝方の太陽がずいぶん早めに昇るため、釜屋建民家に朝日が当たる時刻が早まったのを実感します。しかし、いこいの広場の池の水面には薄氷が張っていて、まだまだ寒さが厳しいことも感じられます。
 青年の家で、赤十字奉仕団の皆さんの活動が行われました。スキルアップのための集まりだそうで、今まで身につけてきたことを相互に確認しながら研修をしてみえました。常に自らを磨き備える心構えに感心します。

 《第373稿:2/18》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・17

 今日17日(土)は、しぐれた空に時折強い風が吹き、一時は雪のようなものが降る寒い一日でした。
 青年の家では、科学実験講座が行われました。「かわる・かわる カラフル実験」と題して、いろいろな色を作って楽しみながら実験をするという講座が行われました。蛍光ペンの色や、紫キャベツの色に、いろいろな操作をしていくことで色の不思議を学んでいました。最後は、色付き焼きそばを作って、参加者で試食しました。楽しくも科学の不思議を学ぶ良い機会となりました。

 《第372稿:2/17》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

作手小学校のバースデー本を探す会 つくで交流館

 つくで交流館ホールにおいて、作手小学校の「バースデー本を探す会」が行われました。
 ホールとステージに並べられたたくさんの本の中から、子どもたちが自分の気に入った本を一人1冊ずつ選ぶことができる会で、2000(H12)年度から続いている読書奨励事業の一環です。

 最初に2〜5年生が1時間半ほどかけて、続いて入学説明会に来校していた来年度新入生と保護者、今の1年生が一緒に本を探しました。
 友達と一緒に見たり、お母さんと一緒に探したり、どの子も真剣そのものでした。

 本日選んだ本は、きれいにラッピングされて、次年度、児童の誕生月にそれぞれ手渡されます。わくわくうれしい誕生日プレゼント、待ち遠しいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・14

 今日14日(水)は、朝は−2度Cと寒さが厳しかったのですが、よく晴れ暖かい冬の日差しに満ちた穏やかな一日でした。
 いこいの広場の芝生では、霜で凍り付いた芝生のいたるところにモグラの作りかけの土の山ができていました。
 先日の11日に行われた「沖縄家庭料理講座」の様子が東日新聞に掲載されました。

 《第371稿:2/14》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・12

 今日12日(月)は、朝から粉が舞い、外気温は0度Cと大変低くて寒い始まりでした。朝方には本宮山や雁峰山には雪雲がかかっていました。しかし、昼頃には太陽が顔を出しましたが風も強く、ほとんどが曇り空の状態で、寒い一日でした。
 本日は祝日のため、利用団体が少なく、静かな館内でした。そんな中で、生涯共育課の主催する「ものづくり講座」が集会室で行われました。地元の畳屋さんを講師にお招きして、ミニ畳づくりとひな人形づくりを行いました。参加した親子は、協力して熱心に作品づくりに取り組み、日本の伝統について学ぶ良い機会となりました。

 《第370稿:2/12》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・10

 今日10日(土)は、朝から雲が広がり、どんよりとした空模様でしたが、昼過ぎには雨が降り始めました。
 朝方には、青年の家の南斜面にはまだまだ雪が残っているほどでした。今週の寒波と日陰ならではの現象です。一方、玄関の花瓶に生けてあるウメの切り枝の花が咲いていました。こちらは春がまもなくやってくると感じさせてくれます。

 《第369稿:2/10》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

湖面凍結でも館内は熱い!(つくで交流館)

画像1 画像1
 今日(10日)は、寒さが緩んで暖かさを感じられる日になりました。
 とはいえ、B&G艇庫のある巴湖は、湖面が凍結しており、厳しい寒さが続いていることを見せています。

 そうした屋外の寒さを感じさせない“熱い”催しが館内で行われています。
 午前中、プロ俳優を迎えて「リーディング・カフェ
があり、参加者のみなさんが、飲み物片手に(?)、演劇の台本を“なりきって”読んでいました。
 みなさんが“熱い!”

青年の家便り 2・9

 今日9日(金)は、朝方は氷点下の気温でしたが、日中は日差しも強く、大変暖かくポカポカした陽気の穏やかな一日でした。
 いこいの広場では、まだ雪が残っています。今週の寒気の厳しさを改めて実感させられます。
 今日は、業者による館内の清掃がありました。床を磨きワックスをかけていただき、窓ガラスは全部きれいに清掃していただきました。おかげで、大変気持ちよく利用することができそうです。

 《第368稿:2/9》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・7

 今日7日(水)は、朝のうちは気温が低く、外気温は−5度でとても寒い始まりでした。日中は太陽が差し、風は冷たいものの穏やかな一日でした。
 いこいの広場や周辺の散策道には、まだまだ雪が残っています。日陰は今日も雪が解けきれないようです。テニスコートも昨日は真っ白でしたが、今日はなんとかできました。暦の上では春ですが、なかなか遠いようです。 

 《第367稿:2/7》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

春を呼ぶ「土人形・錦絵」展示  ―作手歴史民俗資料館―

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 作手歴史民俗資料館にて、ひな祭り企画「土人形・錦絵展示」を開催しています。

【開催日時】 2月3日(土)〜3月26日(月)
       10:00〜16:00  火曜日定休

 展示している土人形はすべて作手地区で飾られていたもので、赤土粘土で作られた三河土人形がほとんどです。作手地区では地歌舞伎が盛んだったため、歌舞伎の名場面や登場人物を模した土人形や錦絵が多くあります。 
 色鮮やかで、一つ一つに動きや表情のある土人形と錦絵、明るく暖かい春を運んで来てくれる気がします。
 お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

青年の家便り 2・6

 今日6日(火)は、朝のうちは大変冷えて寒々とした始まりでしたが、日中はよく晴れて、風は冷たいものの穏やかな冬の一日でした。
 いこいの広場から見る本宮山は雪が残り、昨夜の荒天を知らせてくれています。一面の銀世界が、桜淵の別の一面を教えてくれます。

 《第366稿:2/6》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 2・4

 今日4日(日)は、朝からよく晴れポカポカとした冬の穏やかな一日でした。しかし、風は強くまた冷たく、寒さが身に染みるようでした。
 いこいの広場から北の景色を見ると雁峰山の上には青空が広がり、その手前には市役所の建設中の新庁舎がみえ、遠方には新東名高速道路が見えます。新しい新城の風景というところです。
 昨日は節分ということで、いこいの広場ではヒイラギは花芽はついているものの実っていません。その隣で、クロガネモチの赤い実が鮮やかな色で実っています。 

 《第365稿:2/4》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

楽しく雪遊び(つくで交流館)

 昨日(1日)午後から降り出した雪は夜も降り続きました。夜中に霙となり、雪がシャーベット状になりました。
 今朝、つくで交流館・作手小学校・作手支所の周辺は5〜10センチほどの積雪でした。朝早くから職員が出て、駐車場や歩道の雪かきをしましたが、滑りやすくなっていますので、足元に気を付けてご来館ください。

 小学生は、休み時間になると運動場、中庭に出て雪遊びを楽しんでいました。一面の雪で転んでも倒れても平気です。
 湿った雪は、大きな固まりにもできて、担ぐように投げていました。
 大人には迷惑な雪ですが、子供達には素敵な遊び道具のようです。
画像1 画像1

青年の家便り 2・1

 今日から2月です。今日1日(木)は、朝から曇り空で、昼過ぎには雨が降り出し、寒い一日となりました。
 いこいの広場のウメの花のつぼみはまだ固く、開花はまだまだ先かもしれません。
 さて、昨日はスーパー・ブルー・ブラッドムーンが見られました。写真は青年の家から見た月です。

  《第364稿:2/1》
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

青年の家便り 1・31

 今日31日(水)は、朝から晴れて気持ちのよい一日でした。
 最近の気温の変化はたいそう大きく、寒くなったり暖かくなったりということで、自然も驚いているようです。重川池では、池のほとりにあるウメの花が咲き始めました。先週の寒さを通り越して、少し暖かくなったので春と間違えたのでしょうか。本当の春が来るのを心待ちにしています。

  《第363稿:1/31》
画像1 画像1
画像2 画像2

青年の家便り 1・30

画像1 画像1
 今日30日(火)は、久しぶりの青空が広がり、雲が時折顔をのぞかせるものの、晴れた良い日となりました。しかし、昼過ぎには雪らしき白いものがちらちらと舞い散るときもあり、寒さを実感するひと時もありました。
 この寒さゆえに青年の家の研修室を活用する団体があります。研修室では、絵を描く皆さんが、熱心に作品作りにいそしんでみえました。

  《第362稿:1/30》
画像2 画像2

青年の家便り 1・28

 今日28日(日)は、朝から曇り空で、一日中肌寒い感じのする冬日でした。
 重川池では、渡り鳥のカモが元気に泳いでいました。この季節に必ずやってくるようで、警戒心も人一倍です。 

  《第361稿:1/28》
画像1 画像1
画像2 画像2

意見交換会。市民討論会。(つくで交流館)

画像1 画像1
 今週、低温の日が続いて“極寒”の作手地区です。週初めに降った雪が溶けずに今も残っています。
 今日(28日)のつくで交流館は、“熱い意見”が交わされ熱気にあふれ、寒気を吹き飛ばしそうです。

 午後は「愛知大学学生報告会&意見交換会」が、夜は「新城市総合計画市民検討会(地域会)」が行われます。

 「愛知大学学生報告会&意見交換会」では、最初に学生が見学や体験をした作手地区のことについて報告していました。
 資料には、その見学や体験をもとに、学生の考える「提案」がありました。
 その後、参加者が“3つの場”を移動しながら意見交換をしていました。
 これからの地域を創っていくことについて熱く語り合っていました。

青年の家便り 1・27

 今日27日(土)は、昨日とは違い朝方も比較的気温が高く、やっと落ち着いたと感じられる位の天気の冬の一日でした。
 いこいの広場には、心配しましたが雪は残っていなくて、いつのも冬の朝に感じました。あれほどの寒気を乗り越えて、植物は元気に育っています。ふと気づかないところにある花が生命力を感じさせてくれます。

  《第360稿:1/27》
画像1 画像1
画像2 画像2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
市立学校携帯サイト一覧
新城市教育委員会
〒441-1392
愛知県新城市字東入船6番地1
TEL:0536-23-7652
FAX:0536-23-8388