最新更新日:2018/02/23
本日:count up1
昨日:12
総数:151505
新城市教育委員会共育12「ともに あいさつ あいことば」 1月の共育あいことばは「友だち 家族 なかよくします」です。

重要 お知らせ「開館一周年記念週間」(つくで交流館)

 間もなく『つくで交流館のお知らせ(3月)』を、作手地区の各区長さんにお願いして配付いただきます。
 今回は、3月21日からの「開館一周年記念週間」をお知らせする内容です。
 この期間中、さまざまなイベントや展示・掲示を行います。
 みなさんのお越しをお待ちしております。


主な内容
◇活動紹介(ホワイエに掲示)
 作手地区で活動する団体が、これまでの様子や魅力を模造紙(B紙)にまとめました。
◇21日(水・祝)
 呈茶会(和室)…新城東高校作手校舎の茶道部。数量限定。
 ワークショップ;機織り体験(小会議室)…機織り機1台を使います。22、23日も。
 カモミールの会発表会(ホール)…施設を利用した催し。
◇22日(木)
 活動公開;オカリナ練習(小会議室)、体操教室(ホール)
◇23日(金)
 活動公開;囲碁教室(小会議室)
◇24日(土)
 「津軽三味線とピアノ」演奏会(ホール)入場無料…チラシ参照
 作品展(多目的会議室)…地域の方々の作品を展示します。
 ワークショップ、遊び(子供向け)、フリーマーケット、後夜祭などを予定しています。


 配付するプリントを、右の「配布文書」に載せてありますので、ご覧ください。
  「つくで交流館」からお知らせ(3月)(pdfファイル)
画像1 画像1

卒業を控えた児童たちの清掃 つくで交流館

画像1 画像1 画像2 画像2
「お世話になった調理室を掃除させてください。」

 来月卒業を控えた作手小6年生が、家庭科室として使用してきたつくで交流館調理室の掃除に来てくれました。
ガスコンロの周囲の汚れを拭き取ったり、流しを磨いたり、床のはき掃除をしたり、みんなで手分けしてきれいにしてくれました。
 この学年の児童たちは、小学校生活6年間の間に閉校や統合で2回も校舎の引っ越しを経験しています。最後の1年だけではありますが、新校舎とつくで交流館で元気に活動して成長された皆さんです。
 6年生の皆さん、こちらこそいつも元気な声を届けてくれて、きれいに使っていただいてありがとうございました。

作手小学校のバースデー本を探す会 つくで交流館

 つくで交流館ホールにおいて、作手小学校の「バースデー本を探す会」が行われました。
 ホールとステージに並べられたたくさんの本の中から、子どもたちが自分の気に入った本を一人1冊ずつ選ぶことができる会で、2000(H12)年度から続いている読書奨励事業の一環です。

 最初に2〜5年生が1時間半ほどかけて、続いて入学説明会に来校していた来年度新入生と保護者、今の1年生が一緒に本を探しました。
 友達と一緒に見たり、お母さんと一緒に探したり、どの子も真剣そのものでした。

 本日選んだ本は、きれいにラッピングされて、次年度、児童の誕生月にそれぞれ手渡されます。わくわくうれしい誕生日プレゼント、待ち遠しいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

湖面凍結でも館内は熱い!(つくで交流館)

画像1 画像1
 今日(10日)は、寒さが緩んで暖かさを感じられる日になりました。
 とはいえ、B&G艇庫のある巴湖は、湖面が凍結しており、厳しい寒さが続いていることを見せています。

 そうした屋外の寒さを感じさせない“熱い”催しが館内で行われています。
 午前中、プロ俳優を迎えて「リーディング・カフェ
があり、参加者のみなさんが、飲み物片手に(?)、演劇の台本を“なりきって”読んでいました。
 みなさんが“熱い!”

楽しく雪遊び(つくで交流館)

 昨日(1日)午後から降り出した雪は夜も降り続きました。夜中に霙となり、雪がシャーベット状になりました。
 今朝、つくで交流館・作手小学校・作手支所の周辺は5〜10センチほどの積雪でした。朝早くから職員が出て、駐車場や歩道の雪かきをしましたが、滑りやすくなっていますので、足元に気を付けてご来館ください。

 小学生は、休み時間になると運動場、中庭に出て雪遊びを楽しんでいました。一面の雪で転んでも倒れても平気です。
 湿った雪は、大きな固まりにもできて、担ぐように投げていました。
 大人には迷惑な雪ですが、子供達には素敵な遊び道具のようです。
画像1 画像1

意見交換会。市民討論会。(つくで交流館)

画像1 画像1
 今週、低温の日が続いて“極寒”の作手地区です。週初めに降った雪が溶けずに今も残っています。
 今日(28日)のつくで交流館は、“熱い意見”が交わされ熱気にあふれ、寒気を吹き飛ばしそうです。

 午後は「愛知大学学生報告会&意見交換会」が、夜は「新城市総合計画市民検討会(地域会)」が行われます。

 「愛知大学学生報告会&意見交換会」では、最初に学生が見学や体験をした作手地区のことについて報告していました。
 資料には、その見学や体験をもとに、学生の考える「提案」がありました。
 その後、参加者が“3つの場”を移動しながら意見交換をしていました。
 これからの地域を創っていくことについて熱く語り合っていました。

共育川柳 (つくで交流館)

教育長賞
 お手伝い やって身につく 母の味
  (太田育那さん 作手小4年)
会長賞
 ネットより 家族みんなに つぶやこう
  (中野里香さん 作手中3年)
共育賞
 そっくりな 我が子を叱り 振り返る
  (山田智子さん 保護者)

 新城市小中学校PTA連絡協議会(垣内寿一会長)が募集した『共育川柳」の表彰が行われ、特別賞に上記の作品が選ばれました。
 おめでとうございます。

 みなさん、ご家族で声を出して読んでみませんか。
 家族で過ごす時間、家族で一緒に行うこと、そのなかで“身につくこと”、生まれる“団らん”を見直すことができますよ。
画像1 画像1
画像2 画像2

お知らせの配付 1月(つくで交流館)

 つくで交流館のお知らせ(1月)を、作手地区の各区長さんにお願いして配付しました。
 今号は
○「新年のごあいさつ」
○ 年末大掃除(12月23日)のお礼
○「開館一周年記念週間 3月21日〜24日」
 こぞって集おう!楽しもう!
○ 寄贈本の受付
のお知らせを掲載しています。

 配付したプリントを、右の「配布文書」に載せてありますので、ご覧ください。
  「つくで交流館」からお知らせ(1月)(pdfファイル)
画像1 画像1

「第10回 食育オープン教室」開催(つくで交流館)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 17日つくで交流会調理室で、キッチンクラブつくで主催「第10回食育オープン教室」が開催されました。
 地元のプロの料理人を講師に招き、魚を使ったランチプレート作りです。
 参加者は、ベテラン主婦の方々が多かったです。魚のさばき方を習い、ムニエルやカルパッチョを作って、バターライスと一緒に盛り付け完了です。ムニエルにかけられた濃厚クリームソースが気になりますね。バターのいい香りの中、みんなで試食して終了しました。

 次回の開催日は、2月21日(水)12:30からです。今日と同じ講師による「作手のほうれん草料理作り」です。興味のある方は、ぜひご参加ください。

第10回 食育オープン教室〜魚を使ったランチプレート〜のご案内

画像1 画像1
 キッチンクラブつくで主催で行われている食育オープン教室、第10回目は魚を使ったランチプレート作りです。
 市内のプロの料理人の講師により、魚の三枚おろし、カルパッチョ・ムニエル・バターライスの作り方を学びます。

日時 平成30年1月17日(水) 12:30〜15:00
場所 つくで交流館 調理室
会費 1,000円

「魚」料理のバリエーションを広げるチャンスです。興味のある方は、「キッチンクラブ」へ申し込みをしてご参加ください。



展示中の「子どもの作品」(つくで交流館)

画像1 画像1
 ホワイエ、サロンの移動掲示板に『こども作品展示』があり、来館された方々が関心をもって観ていただけています。

 1月からは作手中学校3年生の美術作品「点描画」を展示しています。今日も、学習に訪れた中学生が、細かなところまで見ていました。

 また、作手こども園、作手小学校、作手中学校の「園・学校だより」最新号も掲示しています。
 子供達の作品、子供達の園・学校生活のようすをご覧ください。

児童から年賀状 −つくで交流館ー

画像1 画像1
 新年あけましておめでとうございます。2018年、つくで交流館は今日から開館します。

 朝出勤してみると、作手小学校児童より、かわいい犬のイラスト付きの年賀状が届いていました。書道学習「お世話になった人に年賀状を書こう」の一環で、全校児童が分担して書いたと添え書きがしてありました。
 とてもきれいな字でうれしい文章が書かれています。ありがとうございます。

 つくで交流館では、今年3月に開館1周年記念イベントの開催を予定しています。地域の皆さんと一緒に、楽しくにぎやかに開催できるよう準備を進めています。ご期待ください。

あけましておめでとうございます(つくで交流館)

画像1 画像1
 2018年、戊戌(つちのえ・いぬ)の年が始まりました。
 つくで交流館・作手歴史民俗資料館は、本日(4日)より開館しております。
 みなさまのご来館・ご利用をお待ちしております。

来年は戌(いぬ)年 4日から開館します (つくで交流館)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 つくで交流館・作手歴史民俗資料館は、本日(28日)が今年最後の開館日です。大勢の皆様にご来館いただき、ありがとうございました。
 来年は両館とも4日(木)から開館いたします。

 今日も、オカリナ練習などで利用いただきました。
 児童クラブの子供達は、昨日の雪で“かまくら”を作っていました。出来上がったかまくらに入って楽しそうでした。


 来年は戌(いぬ)年。戌年にちなんで、図書室の本棚より犬の絵本とその倍以上ある猫の絵本をピックアップして展示してみました。一般書では、大型の犬の図鑑が人気があります。

 2018年戌年、皆様にとって幸多き一年になりますように。
 よいお年をお迎えください。

年末大掃除(つくで交流館)

画像1 画像1
 今日(23日)、年末大掃除を行いました。
 利用登録団体やサポートスタッフから17団体43名が参加していただきました。 BailaBailaの子供達も参加してくれ、自分にできることを探して作業をしていました。


 ガラス拭きを中心に、使用後の清掃や普段の清掃では行き届かないところを綺麗にしていただきました。
 学童保育室では、網戸も外して掃除していました。

 たくさんの方に参加いただき、館全体が“輝いた”ように感じられます。
 ありがとうございました。

「サンタクロースってほんとうにいるの?」(つくで交流館)

画像1 画像1
 明日(25日)は、クリスマス
 クリスマスイブの今夜は、サンタクロースが世界中で大忙しのことでしょう。

 今月初め、6歳の子が書いたサンタクロースへの手紙(画像)が話題になりました。
 子供達は、どんな感想をもったかな。お父さん、お母さんは、いかがですか。


 「サンタさんって本当にいるの?」という疑問は、昔からの疑問です。
 そんな子供からの質問に,真剣に答えた新聞の社説(1897年9月21日 The Sun紙)がありました。
=================
    Is There A Santa Claus?

We take pleasure in answering thus prominently the communication below, expressing at the same time our great gratification that its faithful author is numbered among the friends of The Sun

Dear Editor--I am 8 years old. Some of my little friends say there is no Santa Claus. Papa says, "If you see it in The Sun, it's so." Please tell me the truth, is there a Santa Claus?

Virginia O'Hanlon


Virginia, your little friends are wrong. They have been affected by the skepticism of a skeptical age. They do not believe except they see. They think that nothing can be which is not comprehensible by their little minds. All minds, Virginia, whether they be men's or children's, are little. In this great universe of ours, man is a mere insect, an ant, in his intellect as compared with the boundless world about him, as measured by the intelligence capable of grasping the whole of truth and knowledge.

Yes, Virginia, there is a Santa Claus. He exists as certainly as love and generosity and devotion exist, and you know that they abound and give to your life its highest beauty and joy. Alas! how dreary would be the world if there were no Santa Claus! It would be as dreary as if there were no Virginias. There would be no childlike faith then, no poetry, no romance to make tolerable this existence. We should have no enjoyment, except in sense and sight. The external light with which childhood fills the world would be extinguished.

Not believe in Santa Claus! You might as well not believe in fairies. You might get your papa to hire men to watch in all the chimneys on Christmas eve to catch Santa Claus, but even if you did not see Santa Claus coming down, what would that prove? Nobody sees Santa Claus, but that is no sign that there is no Santa Claus. The most real things in the world are those that neither children nor men can see. Did you ever see fairies dancing on the lawn? Of course not, but that's no proof that they are not there. Nobody can conceive or imagine all the wonders there are unseen and unseeable in the world.

You tear apart the baby's rattle and see what makes the noise inside, but there is a veil covering the unseen world which not the strongest man, nor even the united strength of all the strongest men that ever lived could tear apart. Only faith, poetry, love, romance, can push aside that curtain and view and picture the supernal beauty and glory beyond. Is it all real? Ah, Virginia, in all this world there is nothing else real and abiding.

No Santa Claus! Thank God! he lives and lives forever. A thousand years from now, Virginia, nay 10 times 10,000 years from now, he will continue to make glad the heart of childhood.

=================
 この社説は,ニューヨークに住む当時8歳の少女Virginia O'Hanlonからの手紙に,新聞社が答えた形になっています。この記事を書いたのは,48歳の記者Francis Pharcellus Churchでした。
 8歳の少女の「サンタさんっているんですか?」との問いに,新聞社が『社説』で答えたというのが凄いことだと思います。

 ご家庭での会話も「真剣」「大人」が大切ですね。

クリスマスツリーが届きました(つくで交流館)

画像1 画像1
 昨日(16日)、ホワイエに大きなクリスマスツリーが搬入されました。
 ホワイエの天井に届いてしまうのではないかと思われる大きさです。
 これは、つくでの森の音楽祭2017「クリスマスコンサート」の会場に飾られたもので、コンサート終了後、スタッフのみなさんが運んでくれました。関係のみなさん、ありがとうございました。

 そのクリスマスツリーに、今日(17日)の♪アルペジオ♪クリスマス会に参加のみなさんが、飾りつけをしてくれました。
 とても綺麗なクリスマスツリーになりました。

 みなさん、お楽しみください。


 玄関やドアの開口部より大きな木です。さて、どのようにして室内に入ったのでしょう。
 サンタクロースの魔法かな。

作手小学校 全体読み聞かせ −つくで交流館ー

 本日(14日)、つくで交流館ホールで作手小学校の全体読み聞かせが行われました。
 これは、南校舎で年1回、読み聞かせグループと音楽グループが合同で全校児童対象に行っていたものを引き継いだものです。読み手は作手小学校読み聞かせの会の皆さんです。

 クリスマスにちなんだ絵本を、音楽グループが奏でる効果音を加えて読まれました。
そのあと舞台へ移り、ピアノと鈴の伴奏に乗せてクリスマスソングを児童たちと一緒に歌っていました。
 小学校が統合したおかげで、各旧小学校で行っていた読み聞かせグループが一つになって、複数の声で一つの作品を楽しく読み聞かせてくださいました。
 大勢になって仲間が増えたのは、子どもたちだけではないようです。
これからも楽しい読み聞かせや音楽を届けてくださることでしょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

作手音楽ネットワーク♪アルペジオ♪のクリスマス会のご案内

画像1 画像1
作手を音楽で盛り上げたい、音楽で仲間を増やしたいと活動されている「作手音楽ネットワーク♪アルペジオ♪」さんのクリスマス会のご案内です。

日時 12月17日(日) 13:00〜15:30
場所 つくで交流館ホール
内容 うた・演奏・音楽パフォーマンス

観覧自由 入場無料です。音楽を一緒に楽しみたい方、クリスマスを楽しみたい方、ホールへ出かけてみてください。
一足早く、サンタクロースに会えるかもしれませんよ。


第9回 食育オープン教室のご案内

画像1 画像1
月1回行われているキッチンクラブつくでの食育オープン教室のご案内です。
今年最後となるのは、第9回目の教室となる「冬休み親子料理教室〜簡単にできる我が家のお節料理〜」です。

日時 平成29年12月25日(月) 9:30〜12:30
場所 つくで交流館調理室
内容 簡単なおせち料理作りです。

事前申し込みが必要です。申し込み受付ボックスは、交流館窓口にあります。電話でのお申し込みは、キッチンクラブつくでのメンバー宛(チラシ参照)にお願いします。

忙しい年の瀬ですが、親子で作るおせち料理を学んで、新しい年に食の華を添えられたらいいですね。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
つくで交流館
2/26 (小)囲碁クラブ
2/27 休館日
2/28 (調)キッチンクラブ
(多)親子そろばん教室
3/1 (ホ)体操教室
3/2 (ホ)小学校・送る会
(ホ)バイラバイラ
(小)囲碁クラブ
(小)リトミック
3/3 (多)ハミングバード
市立学校携帯サイト一覧
新城市教育委員会
〒441-1392
愛知県新城市字東入船6番地1
TEL:0536-23-7652
FAX:0536-23-8388