最新更新日:2019/11/13
本日:count up18
昨日:21
総数:174844
新城市教育委員会共育12 11月の共育あいことばは「時を守り 早ね早おき 朝ごはん」です。

来年は戌(いぬ)年 4日から開館します (つくで交流館)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 つくで交流館・作手歴史民俗資料館は、本日(28日)が今年最後の開館日です。大勢の皆様にご来館いただき、ありがとうございました。
 来年は両館とも4日(木)から開館いたします。

 今日も、オカリナ練習などで利用いただきました。
 児童クラブの子供達は、昨日の雪で“かまくら”を作っていました。出来上がったかまくらに入って楽しそうでした。


 来年は戌(いぬ)年。戌年にちなんで、図書室の本棚より犬の絵本とその倍以上ある猫の絵本をピックアップして展示してみました。一般書では、大型の犬の図鑑が人気があります。

 2018年戌年、皆様にとって幸多き一年になりますように。
 よいお年をお迎えください。

年末大掃除(つくで交流館)

画像1 画像1
 今日(23日)、年末大掃除を行いました。
 利用登録団体やサポートスタッフから17団体43名が参加していただきました。 BailaBailaの子供達も参加してくれ、自分にできることを探して作業をしていました。


 ガラス拭きを中心に、使用後の清掃や普段の清掃では行き届かないところを綺麗にしていただきました。
 学童保育室では、網戸も外して掃除していました。

 たくさんの方に参加いただき、館全体が“輝いた”ように感じられます。
 ありがとうございました。

「サンタクロースってほんとうにいるの?」(つくで交流館)

画像1 画像1
 明日(25日)は、クリスマス
 クリスマスイブの今夜は、サンタクロースが世界中で大忙しのことでしょう。

 今月初め、6歳の子が書いたサンタクロースへの手紙(画像)が話題になりました。
 子供達は、どんな感想をもったかな。お父さん、お母さんは、いかがですか。


 「サンタさんって本当にいるの?」という疑問は、昔からの疑問です。
 そんな子供からの質問に,真剣に答えた新聞の社説(1897年9月21日 The Sun紙)がありました。
=================
    Is There A Santa Claus?

We take pleasure in answering thus prominently the communication below, expressing at the same time our great gratification that its faithful author is numbered among the friends of The Sun

Dear Editor--I am 8 years old. Some of my little friends say there is no Santa Claus. Papa says, "If you see it in The Sun, it's so." Please tell me the truth, is there a Santa Claus?

Virginia O'Hanlon


Virginia, your little friends are wrong. They have been affected by the skepticism of a skeptical age. They do not believe except they see. They think that nothing can be which is not comprehensible by their little minds. All minds, Virginia, whether they be men's or children's, are little. In this great universe of ours, man is a mere insect, an ant, in his intellect as compared with the boundless world about him, as measured by the intelligence capable of grasping the whole of truth and knowledge.

Yes, Virginia, there is a Santa Claus. He exists as certainly as love and generosity and devotion exist, and you know that they abound and give to your life its highest beauty and joy. Alas! how dreary would be the world if there were no Santa Claus! It would be as dreary as if there were no Virginias. There would be no childlike faith then, no poetry, no romance to make tolerable this existence. We should have no enjoyment, except in sense and sight. The external light with which childhood fills the world would be extinguished.

Not believe in Santa Claus! You might as well not believe in fairies. You might get your papa to hire men to watch in all the chimneys on Christmas eve to catch Santa Claus, but even if you did not see Santa Claus coming down, what would that prove? Nobody sees Santa Claus, but that is no sign that there is no Santa Claus. The most real things in the world are those that neither children nor men can see. Did you ever see fairies dancing on the lawn? Of course not, but that's no proof that they are not there. Nobody can conceive or imagine all the wonders there are unseen and unseeable in the world.

You tear apart the baby's rattle and see what makes the noise inside, but there is a veil covering the unseen world which not the strongest man, nor even the united strength of all the strongest men that ever lived could tear apart. Only faith, poetry, love, romance, can push aside that curtain and view and picture the supernal beauty and glory beyond. Is it all real? Ah, Virginia, in all this world there is nothing else real and abiding.

No Santa Claus! Thank God! he lives and lives forever. A thousand years from now, Virginia, nay 10 times 10,000 years from now, he will continue to make glad the heart of childhood.

=================
 この社説は,ニューヨークに住む当時8歳の少女Virginia O'Hanlonからの手紙に,新聞社が答えた形になっています。この記事を書いたのは,48歳の記者Francis Pharcellus Churchでした。
 8歳の少女の「サンタさんっているんですか?」との問いに,新聞社が『社説』で答えたというのが凄いことだと思います。

 ご家庭での会話も「真剣」「大人」が大切ですね。

クリスマスツリーが届きました(つくで交流館)

画像1 画像1
 昨日(16日)、ホワイエに大きなクリスマスツリーが搬入されました。
 ホワイエの天井に届いてしまうのではないかと思われる大きさです。
 これは、つくでの森の音楽祭2017「クリスマスコンサート」の会場に飾られたもので、コンサート終了後、スタッフのみなさんが運んでくれました。関係のみなさん、ありがとうございました。

 そのクリスマスツリーに、今日(17日)の♪アルペジオ♪クリスマス会に参加のみなさんが、飾りつけをしてくれました。
 とても綺麗なクリスマスツリーになりました。

 みなさん、お楽しみください。


 玄関やドアの開口部より大きな木です。さて、どのようにして室内に入ったのでしょう。
 サンタクロースの魔法かな。

作手小学校 全体読み聞かせ −つくで交流館ー

 本日(14日)、つくで交流館ホールで作手小学校の全体読み聞かせが行われました。
 これは、南校舎で年1回、読み聞かせグループと音楽グループが合同で全校児童対象に行っていたものを引き継いだものです。読み手は作手小学校読み聞かせの会の皆さんです。

 クリスマスにちなんだ絵本を、音楽グループが奏でる効果音を加えて読まれました。
そのあと舞台へ移り、ピアノと鈴の伴奏に乗せてクリスマスソングを児童たちと一緒に歌っていました。
 小学校が統合したおかげで、各旧小学校で行っていた読み聞かせグループが一つになって、複数の声で一つの作品を楽しく読み聞かせてくださいました。
 大勢になって仲間が増えたのは、子どもたちだけではないようです。
これからも楽しい読み聞かせや音楽を届けてくださることでしょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

作手音楽ネットワーク♪アルペジオ♪のクリスマス会のご案内

画像1 画像1
作手を音楽で盛り上げたい、音楽で仲間を増やしたいと活動されている「作手音楽ネットワーク♪アルペジオ♪」さんのクリスマス会のご案内です。

日時 12月17日(日) 13:00〜15:30
場所 つくで交流館ホール
内容 うた・演奏・音楽パフォーマンス

観覧自由 入場無料です。音楽を一緒に楽しみたい方、クリスマスを楽しみたい方、ホールへ出かけてみてください。
一足早く、サンタクロースに会えるかもしれませんよ。


第9回 食育オープン教室のご案内

画像1 画像1
月1回行われているキッチンクラブつくでの食育オープン教室のご案内です。
今年最後となるのは、第9回目の教室となる「冬休み親子料理教室〜簡単にできる我が家のお節料理〜」です。

日時 平成29年12月25日(月) 9:30〜12:30
場所 つくで交流館調理室
内容 簡単なおせち料理作りです。

事前申し込みが必要です。申し込み受付ボックスは、交流館窓口にあります。電話でのお申し込みは、キッチンクラブつくでのメンバー宛(チラシ参照)にお願いします。

忙しい年の瀬ですが、親子で作るおせち料理を学んで、新しい年に食の華を添えられたらいいですね。

パパと子どもの料理教室(つくで交流館)

画像1 画像1
 今朝(10日)、お父さんとお子さんが手をつないで来館する姿がありました。
 調理室で行われる「パパと子どもの料理教室」への参加者でした。

 親子で「クリスマスゼリー」と「サンドイッチ」を作っていました。お子さんに手順を伝え、材料を教える、混ぜる…と、心配そうに見て、でもにこやかな表情のお父さん方でした。
 帰りに参加者に声を聞くと、「休みの日に料理を作ることはありますが、娘と一緒に作ったことはないので、とても楽しかったです。」と笑顔でした。

サンタがやってきた(つくで交流館)

画像1 画像1
 今日(7日)、図書室にクリスマスツリーが届きました。児童クラブの指導員が“秋の飾り”から変身させてくれました。
 12月に入り、図書室にサンタや小人、スノーマンがやってきました。クリスマスです。

*********
 オーロラのみえる国 フィンランドの とおい 北のはずれに、コルバトントリという山が そびえています。ふもとには、工場や 倉庫や 飛行場のある とてもふしぎな村が あります。

 この村は、人里とおく はなれているので、むかし まいごになって ちかくまできた おじいさんのほかには、だれも みたことが ありません。いったい だれが、こんなところに すんでいるのでしょう。

*********
 この村に行ってみたくないですか。

 この続きは、図書室でどうぞ。

「つくでりびんぐ」(つくで交流館)

画像1 画像1
 つくで祭り(11月12日開催)のとき,運動場に「つくでりびんぐ」の展示がありました。
 これは,椙山女学園大学・生活デザイン学科の学生が制作したものです。作手地区のいろいろな場所に置かれ,楽しんでいます。

 12月9日(土)には,川尻城址と巴湖に置いて楽しむそうです。
 あなたもご一緒にいかがですか。
**チラシより**
 新城市作手地区の色々な場所がリビングになる移動式の家型家具です。
 食事をしたり,本を読んだり,つくでりびんぐで色々な楽しみ方ができます。
2017年12月9日(土)
第1部 10時−12時30分
 場所;川尻城址
第2部 13時30分−15時
 場所;巴湖

注意事項
・汚れてもよい服装でお越しください。
・読みたい本,遊びたい玩具,飲み物や食べ物などはご自由にお持ちください。
・どなたでも大歓迎です。
・活動のようすをinstagramやfacebookなどのSNSで発信します。

********
instagram;tsukudeliving2017
facebook;つくでりびんぐ @tsukudeliving
Twitter;つくでりびんぐ @tsukudeliving


◇第33回つくで祭り にぎやかに開催 つくで交流館(市教委だより)
◇作手の強い絆とパワーで作るつくで祭り −展示お披露目編−(つくでスマイル)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
市立学校携帯サイト一覧
新城市教育委員会
〒441-1392
愛知県新城市字東入船115番地
TEL:0536-23-7607
FAX:0536-23-8388