最新更新日:2018/12/09
本日:count up33
昨日:19
総数:158789
新城市教育委員会共育12「ともに あいさつ あいことば」 7 月の共育あいことばは「辛くても 夢にチャレンジ あきらめません」です。

バレンタインはこれで決まり!

 2月8日(土)、お菓子作り体験講座が行われました。人気の講座で、今回も抽選になり、市内8小学校から24人が参加しました。バレンタインデーのためのお菓子作りということもあって、参加者全員が女子でした。パティシエの先生から、チョコレートプリン、ロッシェ、ホットチョコレートドリンクの3種類の作り方を教えていただきました。どれもチョコレートを材料にしたもので、まさにチョコづくしでした。
 今回は学校をバラバラにした班編成でしたが、各班とも6年生が上手にリードしながら、楽しく作ることができました。「いろいろな学校の子と友達になれてよかった。」「とてもおいしかった。」「家でも作ってみたい。」という感想が多く書かれていました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

市子ども会冬季スポーツ大会が開催されました

 1月26日(日)、新城総合公園で新城市子ども会連絡協議会主催の「冬季スポーツ大会」が開催されました。
 前日の雨のためグラウンドコンディションが心配されましたが、当日は晴天に恵まれ、無事に競技をすることができました。競技種目のサッカーに14チーム、グラウンドゴルフには62人の小学生が参加しました。サッカーはどの試合も接戦で、特に優勝決定戦は2対1と僅差で決まり、白熱の試合となりました。グラウンドゴルフは和気あいあいの雰囲気でプレーする様子がほほえましかったです。大会の結果は、下記のとおりです。

◎サッカーを楽しむ会
優勝 本町子ども会
2位 入船子ども会
3位 平井A子ども会
4位 大海子ども会

◎グラウンドゴルフを楽しむ会
高学年の部
優勝 山本 遼(緑が丘)
2位 田代 雄太(緑が丘)
3位 片桐 沙弥香(緑が丘)
低学年の部
優勝 岩崎 愛(緑が丘)
2位 今村 優里奈(杉山)
3位 高岩 陸翔(緑が丘)
(※敬称略)

 ご協力いただいた、サッカー協会、グラウンドゴルフ協会のみなさん、子ども会役員のみなさん、本当にありがとうございました。

↓写真は、サッカー優勝・本町子ども会(上段)とプレーの様子(中段・下段)です。 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

お正月飾りができたよ!

 12月22日(日)ミニ門松づくりが青年の家で行われました。親子ふれあい教室では初めての体験活動でしたが、タイムリーな企画だったためか大人気でした。定員15組をはるかに超える32組、72人が参加しました。講師の杉下さんはじめ、加藤、山本さんの計らいで、応募者全員が参加することができました。作業は竹をひもで結ぶところで戸惑う場面も見られましたが、講師の方の教えを受け、親子で助け合いながら着々と仕上げていきました。出来上がった門松に、満足そうな笑顔があふれました。きっとそれぞれの家の玄関で正月を彩り、ちょっとした話題になることでしょう。
 それにしても、この日のために11月から竹を切り初め、たくさんの材料を整えられた杉下さんのお骨折りには、ただただ感謝あるのみです。ありがとうございました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

おいしいパンができたよ!

 12月14日(土)小学生パン作り体験講座が行われました。講師の前田さんから作り方をていねいに教えていただきながら、ウィンナーパン、ブリオッシュ、スティックパンの3種類のパンを作りました。市内7校から23名が参加、学校も学年も異なる4つの班編成でしたが、各班の6年生が中心になって協力し合い、片づけまで集中して取り組みました。おかげで、どの班もうまく焼き上がり、楽しい雰囲気で会食することができました。講師の先生からもほめていただき、みんな笑顔でほっかほかのパンをお土産に持ち帰っていきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「クリスマスの家ができたよ!」

 12月8日(日)中学生のケーキ作り体験講座が行われ、12名の中学生がクリスマスの家づくりを体験しました。講師はパテシエの海野さんです。
 あらかじめクッキー生地を用意していただいたので、生地を伸ばして型抜きをするところから始めました。家の形は型紙で決めてあったため、スムーズにできました。家に窓を抜き、飴を溶かしてステンドグラスを作ります。ドアや屋根は思い思いに飾り、それぞれお気に入りのクリスマスの家ができていきました。ケーキ作りを楽しんだみなさんは、できあがった家を宝物のようにして、持ち帰っていきました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「満点の星空だったよ!」

 12月7日(土)冬の星空観察会が行われました。市内の親子11組38名が参加しました。最初に講師の中島さんからプロジェクターを使って、冬の星座や動き方を分かりやすく教えていただきました。
 その後で外に出てみると満天の星空です。プロジェクターで見た星座がそのままきれいに見えます。カシオペア座、ぎょしょ座、おひつじ座などが分かります。白鳥座やこと座も見え、夏の大三角形や北斗七星、北極星の見つけ方などを教えてもらううちにオリオン座が見え始め、冬の大三角形も分かりました。3台の天体望遠鏡では、三日月で見やすいクレーター、木星、白鳥座の二重星、オリオン座の星雲M42などを見せていただきました。宇宙の広さとふしぎを体験できる最高の日になりました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

紅葉満喫! 雨生山トレッキング

 11月30日(土)自然観察会「雨生山トレッキング」を行いました。絶好の天気に恵まれ、参加された36名が紅葉の雨生山を満喫しました。講師の先生から天然記念物に指定されている蛇紋岩植生地特有の植物や異剥石、蛇紋岩、カンラン岩などを教えていただきながら登りました。紅葉の山々が澄んだ空に映え、遠くには恵那山や南アルプスの雪山が見えました。頂上では雨乞い伝説や雨生山の名前のいわれも学び、景色を楽しみながら昼食をとりました。下山後のみなさんは、一様に満足そうでした。
 なお、この日はティーズの取材があり、トレッキングの様子は12月4日(水)から放送されるそうです。お楽しみに。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ケーキ作りを体験しませんか?

 12月8日(日)、中学生を対象に行います。期末テストが終わり、クリスマスが間近な時期です。勉強や部活で何かと忙しい中学生のみなさん、午後のひと時をケーキ作りで楽しみませんか。初めてでも大丈夫です。きっといい体験になり、家族にも喜ばれると思いますよ。

※12月2日(月)までにお申し込みください。(締切日延長)

 詳しくはこちらから  →  12月8日(日)、中学生を対象に行います。期末テストが終わり、クリスマスが間近な時期です。勉強や部活で何かと忙しい中学生のみなさん、午後のひと時をケーキ作りで楽しみませんか。初めてでも大丈夫です。きっといい体験になり、家族にも喜ばれると思いますよ。

※12月2日(月)までにお申し込みください。(締切日延長)

 詳しくはこちらから  → http://www.city.shinshiro.ed.jp/weblog/files/ky...
画像1 画像1

新城子どもチャレンジまつりが開催されました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 11月3日(日)に、青年の家及びその周辺で、新城子どもチャレンジまつりが開催されました。
 各地区の子ども会がこの日のために、子どもが楽しめる手作りのゲームを用意しました。
 大勢の子どもがゲームに挑戦し、良い記録をめざしてがんばっていました。このおまつりを通じて、普段交流のない他の地区の子ども会の子達の遊び場になり、また、親御さん同士のコミュニケーションの場にもなったと思います。
 楽しい会にしてくれた子ども会の役員の皆さん、参加してくれた児童、保護者の皆さん、ありがとうございました!

雨生山に登りませんか?

 11月30日(土)、天然記念物の異剥石(いはくせき)や蛇紋岩(じゃもんがん)植生を観察しながら雨生山に登ります。雨生山は貴重な岩石や植物の宝庫で、講師の先生がよく分かるように教えてくださいます。頂上での景色も抜群です。秋の一日を、家族や友達といっしょに楽しみませんか?
 写真は頂上から新城方面を見たところです。
 申し込み:生涯学習課(筍横魁檻沓僑毅粥砲悖横夏(金)までに
画像1 画像1

新城子どもチャレンジまつりを開催します

市の子ども会で、子どもが楽しめるおまつりを開催します。
各地区の子ども会が集まって、ミニゲームコーナーを開きます。ゲームに挑戦して、ハイスコアをめざしましょう!
子ども会に入っていない子も参加できるので、気軽に遊びに来てください♪

行事名:新城子どもチャレンジまつり
日 時:11月3日(日)午前9時30分から午後3時まで(受付9時から)
場 所:青年の家及びその周辺
参加者:市内の小学生。できれば、保護者の方の付き添いをお願いします。

※事前申し込みは不要です。市の子ども会に入っていない子は、当日受付で参加申し込みをしてください。

問合せ先:新城市子ども会連絡協議会事務局(生涯学習課)
     TEL0536-23-7654

(写真は昨年の様子です)
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

”雨にも負けず” 歴史ウォーキング

 10月23日(水)歴史ウォーキング「菅沼定盈ゆかりの地を歩く」を行いました。午前中は野田城跡、野田館、午後は今水寺を巡りました。参加者は郷土の歴史に関心が深い人たちばかりで、講師の話をメモにとり、質問しながら熱心に見学をしました。武田信玄が撃たれたと伝わる場所を確認すると、信玄砲の威力に関心が集まりました。午後は雨が降りましたが、鎌倉・室町時代には東三河を代表する大寺院として繁栄した今水寺の謎に迫りました。二人の講師の話を聞き、謎に包まれた今水寺跡をどうしても見たいという声に押され、雨にも負けず訪れました。参加者の熱意のおかげで、とても充実した一日となり、みなさん笑顔で帰られました。
(写真上段:野田城跡、中段:今水寺の講師説明、下段:今水寺跡見学)


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

滞空時間 最長記録達成! 

 10月5日(土)親子工作教室で、紙飛行機作りに挑戦しました。目標は、ライト兄弟の初飛行の滞空時間12秒を超えることです。講師の竹下さんのご指導で、紙飛行機を正確に作り、桜淵のグラウンドで飛ばしました。
 翼の傾きや曲りを調整すると、どんどん飛ぶようになります。保護者も夢中になって飛ばします。タイム測定すると、10秒、12秒と滞空時間がのびていきます。自分でカウントされた測定結果では、あるお父さんが24秒という最長時間を達成しました。昨年の最高が18秒でしたので、すごい記録です。空中に高く打ち上げられた紙飛行機は、ゆっくり旋回しながらふわふわと空中を散歩しているような感じで飛んでいました。動画で記録すればよかったと後悔しました。
親子で楽しむ、絶好のふれあいの場となりました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

こんな共育ロゴマークができました!

 新城シルバー人材センターの木工班の方が、なんと共育ロゴマークを木で作ってくださいました。曲線部分が多く、目の表情などわずかなズレが許されないので、とても高度な技術と集中力が必要なことは分かります。色は、美術が得意な市職員が塗りました。これからの共育の啓発に生かしていきたいと思います。
画像1 画像1 画像2 画像2

毎月12日は、「共育12の日」です!

 教育委員会では、毎月12日を「共育12の日」に制定しました。
今月の合言葉は、「一生青春、自ら学び続けます」です。
青春は心の持ち方です。老いは、年齢で決まるものではありません。希望や情熱、理想を失ったとき、人は老いるといいます。
「新城共育12」を、子どもたちと共に、家族、地域と共に実践していきましょう。


画像1 画像1

共育啓発ポスターができました

画像1 画像1
 公募で採用しました、共育(ともいく)ロゴマーク入りの啓発ポスターができました。このポスターには、共育の実践内容を標語にした「共育(ともいく)12(いいに)」が掲載されています。全戸配布しましたので、是非活用してください。また、教育委員会では毎月12日を「共育(ともいく)12(いいに)の日」として制定しました。皆さんで「共育12」を実践しましょう!
 
 

作品完成! 陶芸体験講座

画像1 画像1
 夏休みに行われた陶芸体験講座の作品が焼きあがりました。釉薬(うわぐすり)をぬった作品は、作品を取りに来た子が自分の作品を見間違えるほどになっていました。「小学校の自由研究の作品にする」と言って、喜んで持ちに来た子もいました。指先が器用で、細かなところまできれいに仕上げた作品もありました。この体験を生かして、これからも続けられるといいですね。

中学生が赤ちゃんとふれあい体験!

画像1 画像1 画像2 画像2
 8月9日(金)新城保健センターで、中学生の赤ちゃんふれあい体験講座が行われました。保健センターの配慮により、4ヶ月健診に合わせて実施することができました。子ども好きで、将来保育士や保健師をめざしている子もいて、それぞれに意欲的に研修に取り組みました。人形を使った着せ替えやおむつ替えをはじめ、写真の妊婦体験、離乳食づくりなどの研修を行い、午後は4ヶ月健診のお手伝いと赤ちゃんとのふれあいでした。絵本は赤ちゃんの顔を見ながら読み、反応があると中学生に笑顔が広がりました。こういった体験は、必ず将来に生きるものです。参加した中学生は、きっといい父親、母親になってくれるのではないでしょうか。

陶芸体験講座 楽しくできたよ!

 8月7日(水)大野の鳳寿窯で初めて陶芸体験講座を実施しました。講師はシルバー人材センターの陶芸班の方々です。参加した子どもたちは、陶芸は全員が初体験でした。この日はティーズの取材もあり、やや緊張した空気の中で行われました。
 初めに講師の山本さんが湯のみの作り方を示範され、さっそく湯のみ作りに取りかかりました。ろくろを回しながら縁や底を糸で切ったり、削ったりするのが難しかったようです。置物作りは、それぞれ思い思いの物を作って楽しんでいました。絵つけは23日(金)に行われる予定です。
 写真中段がティーズの子どもインタビュアーによる取材、下段が成形された湯のみです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

初めての「親子似顔絵教室」行われる

 西部公民館主催の親子ふれあい教室の第2弾「似顔絵教室」が行われました。講師の吉倉先生の指導で、和やかな雰囲気の中にも鋭い観察と集中力で、お互いの特徴を表現していきました。指導されたポイントは、顔の形の輪郭、目、鼻、まゆ、口の形などの特徴のつかみ方、線の描き方(マジック、サインペン、筆ペン等)、色のつけ方(色鉛筆の使い方)などです。特徴をつかんだら、そのポイントを思い切って強調して描くとよいということです。参加された親子のみなさんは、お互いを見合いながら(正面から見つめあわないように)指導されたことを生かしながら描いていきました。描き終わると、それぞれに笑顔が広がりました。親子で似顔絵を描く機会はなかなかありません。作品作りを通して、親子の絆が深まり、一生の宝物になるものと思われます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
市立学校携帯サイト一覧
新城市教育委員会
〒441-1392
愛知県新城市字東入船6番地1
TEL:0536-23-7652
FAX:0536-23-8388